Duplo Valley Duplo Valley

施設のご案内

レゴランド®・ディスカバリー・センター大阪とは?

主に3~10歳のお子さまを対象にブロック遊びはもちろん、レゴ®ブロックをモチーフとした体験型アトラクションで子ども達の遊びながら学ぶ楽しさ・創造力を刺激する、屋内型のエンターテインメント施設です。現在、ドイツ・イギリス・アメリカなど、世界18ヶ所で展開中です。

延べ面積3,400平方メートルの敷地内には数百万個のレゴ®ブロックが使用されており、 テーマごとに作品をつくるレゴ®教室「マスター・ビルダー・アカデミー」、大阪周辺の街並みを約100万個のレゴブロックで再現した巨大ジオラマや、3Dの飛び出す映像に加えて更に身体で臨場感が体感できるシネマ「レゴ®スタジオ4Dシネマ」、ライドに乗り込んで悪者をレーザー・ガンで倒す ライドなど、多彩なアトラクションが園内に設置され、ご家族と一緒に楽しめる施設となっています。

屋内型のアトラクション施設なので天候や気温に関係なく、快適に安全にお過ごしいただけます。また、お子さまを見守りながらひと休みできる「カフェ」や、レゴ®ブロックに囲まれた誕生日会ができる個室の「パーティールーム」も人気。さらに、ひな祭りやハロウィン、クリスマスなど季節や祭事にちなんだ期間限定の展示イベントや、大人の方のみでもご入場できる「大人のレゴ®ナイト」や「大人のレゴ®教室」など、「レゴランド®・ディスカバリー・センター大阪」でしか体験できない遊びが充実しています。

その他の禁止事項等について

マーリン・エンターテイメンツについて

レゴランド®・ディスカバリーセンターなど世界23カ国でアトラクション施設などを展開する世界第2位のエンターテイメント・レジャー企業「MERLIN ENTERTAINMENTS(マーリン・エンターテイメンツ)」は、LEGOLAND(レゴランド)、Madame Tussauds(マダム・タッソー)をはじめ、世界23か国、111カ所のアトラクション施設、11のホテル、6つのホリデー・ヴィレッジを運営しています。2014年度は、全世界で6,280万人を超える来場者が運営アトラクションを訪れました。

主な運営アトラクション

  • ・マダムタッソー(等身大フィギュアの展示アトラクション)
  • :ロンドン、ニューヨーク、ハリウッド、ラスベガス、ベルリン、アムステルダム、香港、上海、バンコクなど
  • ・レゴランド(屋外型テーマパーク) :イギリス、ドイツ、アメリカなど

レゴランド®・ディスカバリー・センターの歴史